飛蚊症 黒い点や虫がみえることはありません?

小川眼科医院
院長 小川 希


明るい所や青空を見つめた時、目の前に虫や糸くずの形の浮遊物が飛んでいるように見えることはありませんか?視線を動かしても一緒についてきて、まばたきをしたり目をこすっても消えませんが、暗いところでは気にならなくなります。このような症状を「飛蚊症」と呼んでます。

目の前に見える浮遊物は実は目の中の濁りが原因なのです。眼球の中には硝子体と呼ばれるゼリー状の透明な液体がつまってます。外から入ってきた光はこの硝子体を通過して網膜(光を感じる神経の膜)まで達します。ところが硝子体に何らかの原因で濁りが生じると、明るいところを見たときにその濁りの影が網膜にうつり、眼球の動きとともに揺れ動き、あたかも虫や糸くずなどの浮遊物が飛んでいるように見え、飛蚊症として自覚されます。
  
この濁りには、生理的な原因によるものと病的な原因によるものがあります。

歳をとると硝子体はゼリー状から液体に変化し、硝子体は次第に収縮して網膜から剥がれます。このような変化が飛蚊症の症状をもたらしますが、髪の毛が白髪になるのと同じようなもので、生理的な現象です。また、若い人でも近視の強い場合には同様の症状がでる事があります眼科の検査でこのタイプの飛蚊症と診断された場合は治療の必要はなく、多少うっとうしいと感じますが、慣れれば特に問題はありません。

病的なものとしては以下のような疾患が主にあげられます。
網膜はくり・網膜裂孔 網膜に穴があいたり、その穴を中心に網膜が剥がれて硝子体の方へ浮き出すことがありますこのような現象が起こると初期症状として目の前を飛ぶ浮遊物の数が急に増加し、放っておくと失明にいたります。網膜裂孔の場合はレーザー治療、網膜はくりの場合は入院・手術が必要となります。
      
硝子体出血 糖尿病や高血圧、外傷などにより眼底で出血が起こり、その血液が硝子体にはいると、飛蚊症の症状を感じたり、目の前に赤いカーテンを引いたように感じます。出血の量や部位によっては視力が著しく低下します。内服治療、レーザー治療、場合によっては手術が必要になることもあります。

特に浮遊物の数が増えたり、形がかわったり、視力が落ちるようであれば、病気の可能性が高いので、はやめに眼科での検査をおすすめします。
飛蚊症の症状に気がついたら、その原因が生理的なものか、病気なのかを自分で判断せず、眼科で検査を受けましょう!

平成18年10月